長く使えるようにブロックの塗装には適した下地を!

車が入口付近のブロックに傷を付けてしまい、
左官補修と塗装をしました。

通常の塗装材料は塗膜を作って雨の侵入を防ぐタイプなので、
下から吸った水は膜で蒸発出来ません。
そのため、膨れの原因になります。

塗膜を作らず、水気を蒸発させることが出来る材料を
使いました。下地に適した材料を使うことが、
とても大切なのです。

施工事例

住宅の情報

物件種目事務所・倉庫 築年数 
工事面積   工期3日間
ご家族構成   所在地さいたま市
リフォームした場所 費用
外壁
  外構ブロック塗装
 
施工事例1
施工前。左側ブロック部分が破損してます。
施工事例2
左官補修完了です。これから下塗です。
施工事例3
塗りづらい壁質なので下塗りは上塗り材が密着しやすいプライマーを塗ります。
施工事例4
使用したプライマー塗料です。
施工事例5
仕上げの上塗りしてます。
施工事例6
使用した仕上げ材はこれ。

施工後
施工事例7施工事例8
施工後。ブロックは多くの水を含んでいるので、塗膜を作らず、水気を蒸発させることが出来る材料を使いました。

*ページトップに戻る

│ ホーム │ 総合リフォーム工事 │ 塗装工事 │ 今月のキャンペーン商品 │  お問合わせ │